ジッテプラスはどの部位のニキビにも使えるの?

 

ジッテプラスは背中ニキビに特化した高保湿ジェルとして知られていますが、メーカーのホームページ上に「本来は皮膚量の多い背中もしっかり保湿できるように開発した商品ですが、もちろん顔や腕、デコルテなどのニキビが出来やすい箇所にもぜひご利用ください」という記載があるように顔にも使うことが可能ですし、顔ニキビにも効果があります。

背中であれ顔であれニキビには対しては保湿がとても重要な要素となっており、肌が保湿性を失って乾燥すると角質が硬くなって毛穴が塞がってしまい、余計にニキビが出来やすくなってしまいます。

ジッテプラスは顔の5倍の皮膚の厚さがあると言われる背中の皮膚向けの商品ですから、ジッテプラスを顔に使うことで背中の保湿がしっかり出来ると言う点においても顔にもお勧めであるということができます。

またジッテプラスは敏感肌の人でも使うことができるくらい肌に優しい成分で作られていますので、顔に関しても何の心配もなく安心して使うことができます。

ジッテプラスを顔に使う場合の1回当たりの目安量はパール大1つ分くらいの量です。使用手順はまず手のひらに乗せて、手のひらにゆっくりとなじませていきます。その後顔など塗りたい部分にしっかりと浸透させるようにじっくりと伸ばしていきます。最後に手のひらで優しく包み込むようになじませます。こうすることで手のひらの温かさによって成分がより浸透しやすくなります。

参考サイト 【予想外】34歳子育て主婦のリアルなジッテプラスの口コミにドン引き!?

ノンケミカルコスメについて誤解していませんか?:ノンケミカルコスメの選び方(乾燥肌編)

通常の化粧品には防腐剤や香料などの添加物が含まれています。

防腐剤などの添加物を含有することによって腐敗しにくくすることができますが、乾燥肌や敏感肌の方が使用すると肌にダメージを与える恐れがあります。

肌が炎症することもありますので、乾燥肌の方はなるべく添加物が含まれていないノンケミカルコスメを使用することが賢明です。

乾燥肌の方がノンケミカルコスメを選ぶ際には、どのような成分が含有されているのかを調べることが大切になります。

ノンケミカルコスメの中には添加物が含まれている場合がありますので、含有成分に添加物が含まれている化粧品は避けるようにします。

主な添加物には殺菌防腐剤や香料、合成ポリマーや界面活性剤などがあり、乾燥肌の方はこれらの成分が含まれていない純粋のノンケミカルコスメを選ぶように心がけます。

ノンケミカルコスメは日本製と外国製がありますが、日本製と外国製に大きな違いは特にありません。

ノンケミカルコスメの効能は実際に使用してみないことには判明しないので、試供品の提供を行っている場合は試供品を取り寄せてみて、実際に使ってみるようにします。

ノンケミカルコスメの中には返金保証が付いている商品があり、返金保証が付いている商品だと肌に合わない場合には返金に応じてもらえます。

返金に応じてもらえる期間は30日から90日程度に設定している場合が多く、返金の対象期間が長い商品ほど消費者にとっては有利です。

絶対に失敗したくないスキンケア:乾燥肌のためのスキンケア

乾燥肌によって、肌荒れしやすい、また、ちょっとした気温の変化や化粧品などによっても肌荒れしやすいことで悩んでいる方もいるでしょう。

外部からの刺激、また、冬の時期などは特に湿度も低く、空気が乾燥しがちです。

そのような場合には、乾燥肌の方は特に肌の乾燥を防ぐために対策を行うことが重要です。

室内などにおいても加湿器などを使って湿度を調整することも、肌の乾燥を防ぐための対策となるでしょう。

生活習慣なども、自身の肌の状態をよくするためには、改善していくことも重要なポイントといえます。

また、スキンケアに用いる化粧品なども一度チェックして、自分の肌質にあっているかどうかを確認しましょう。

自分の肌質にあわない、肌に負担が大きい化粧品などを使用していると、肌がきれいになるどころか、かえって肌荒れを招いてしまうことにもなりかねません。

そのような状況を防ぐためにも、乾燥肌の方の場合には、特に、スキンケアに用いる化粧品選びは慎重に行うことが大切です。

肌の乾燥を防ぐには、保湿が重要です。

保湿に優れた成分を含む化粧品の類の中から、自分の肌質に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

また、低刺激な化粧品を選ぶことで、肌に対する負担を軽くすることも大切です。

洗顔などにおいても、洗顔料による刺激が乾燥肌を悪化させることもあります。

その手のものに関しても、使用を控えるか、低刺激なタイプにかえて、自分の肌への負担の軽減を考え、自分の肌質にあったスキンケアを心がけていきましょう。

知っておくとお得なクレンジングのこと:クレンジングの選び方(乾燥肌編)

乾燥肌の方はクレンジングを選ぶ際に洗浄力の強さを把握することが大切です。

洗浄力があまりにも強すぎるクレンジング剤はお肌への負担も大きく乾燥を招く恐れがあります。

一般的に販売されているクレンジングにはさまざまな種類があります。

オイルタイプのもの、クリームタイプ、ミルクタイプ、リキッドタイプにジェルタイプ、ふき取るだけで簡単なシートタイプもあります。

ひとつにクレンジングといってもこのように種類やテクスチャに大きな違いがみられ成分にも違いがみられます。

まず洗浄力と肌負担は密接な関係にあるので、洗浄力が強ければ強いほど先にあげたように負担が大きくなる可能性が高まるので乾燥肌の方は避けたほうが賢明です。

気軽にクレンジングができるシートタイプはこれらの種類の中でも強いタイプに入ります。

強い傾向にあるクレンジング種類別に上げていくとまず一番最初に来るのがクレンジングシート、次がオイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプです。

肌への刺激が弱いものは一番がミルクタイプで次にクリームタイプ、ジェルタイプであるのがわかります。

製品によって差は出ますが少なくとも乾燥肌にはこれら3つのタイプから選択することが賢明と言えます。

仮に洗浄力の強いタイプの商品を使う場合もできるだけ長時間時間をかけてメイクを落とすことは避けます。

種類により洗浄力に違いがあることを知っておくことはお得です。

肌荒れは食事で改善!肌荒れを引き起こす食べ物とは

脂質はダイエットの天敵にもなりえますが、同時に肌にうるおいを与える成分でもあります。

よって脂質を摂取しなさすぎることで肌荒れの原因となってしまうことがあります。

ただし、バランスはもちろん重要で、逆に取りすぎてもダイエットにはもちろん、肌荒れの原因にもなりえるのです。

血流の流れが悪くなる原因に血管が詰まり切りになって血液が流れなくなる現象がありますが、これには大きく脂質が関係しています。

現代人はジャンクフード等をはじめ、加工食品が増加した影響で最近は日本人でも脂質のとりすぎが指摘されています。

また、アイスクリームやケーキなどのスイーツなど、甘いものが好きな人も危険です。

あまり食べても太らない体質の方に多いのですが、少しぐらい体重が増えることに抵抗がないせいで、糖分を取りすぎてしまいがちなので注意が必要です。

脂質を取ることは血管を詰まらせることだけではありません。

脂肪分を取ることはすなわり腸にも悪影響を与えてしまい、活性酸素の増加、さらには血管ではなく血液そのものをドロドロにしていまいます。

活性酸素とは一般的には耳にしない単語ですが、これが増加することにより肌の老化が進行し、ハリのないダメージの受けやすい肌になってしまいます。

しかし同じスイーツでも昨今和スイーツと呼ばれる日本古来にある和菓子の場合、脂肪分が少なくおすすめです。

ただし、脂質が肌荒れの原因となるからといって気にしすぎる必要はありません。

健康にはバランスが何よりも大切なのです。

美容液をいくら塗っても改善しない乾燥肌は体内が乾燥している証拠

肌が乾燥するとシワが目立つなど老化も進みやすいので、しっかりと保湿を行うことが大切です。

乾燥肌対策としては、保湿効果の高いローションや美容液でうるおいを与えることはもちろん、さらに洗顔やクレンジングを肌に優しいものを選ぶ、ゴシゴシこするようなケアは避けるなどの工夫も必要です。

さらにエアコンの乾燥などにも気をつけたいですが、毎日丁寧にケアを行っているにかかわらず乾燥肌が治らないと悩む人は少なくありません。

そんな場合は体内から改善していくことも考えてみましょう。

特に食事は健康はもちろん、美容にも影響を与えやすいので見直しておきたいところです。

特に野菜不足は気になるところですが、外食が多い、インスタント食品に頼りがちという人は自炊も取り入れてしっかり野菜を補っていきましょう。

野菜には美肌を作るのに役立つ栄養素が豊富に含まれています。

まずビタミンCは美白効果、コラーゲン生成のサポートに役立ちますし、緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAは肌の潤いを守り乾燥対策に役立ってくれます。

このほかではビタミンEも血行を改善してくれますので、美肌維持に役立ちます。

食事の改善で積極的に摂り入れていきたいですが、毎日野菜をたっぷり摂るのは難しい、どうしても野菜は苦手という人もあるのではないでしょうか。

より効率よく栄養素を摂取するならサプリメントや美容ドリンク、青汁なども利用してみましょう。

こうした商品は豊富な栄養素がバランスよく含まれており、毎日無理なく続けていくことができます。

栄養は食事から摂ることが基本ですが、忙しいときなどはこうした商品はとても便利ですので上手に活用していきましょう。

ニキビを悪化させたり、ニキビ跡をつくる要因に活性酸素が影響している

活性酸素という言葉を聞いたことはありますか。

活性酸素とは酸素ではあるのですが非常に酸化力が強く、いろいろなものを障害する強い力を持っています。

実は白血球もこの活性酸を使って細菌などの病原体を死滅させているのです。

ニキビはの主な原因は毛穴に皮脂が詰まり、皮膚に存在するアクネ菌が皮脂を分解して増殖し炎症を起こしてきます。

炎症とは簡単に言うと細菌などが体で増殖したときに体の白血球がそれを体外に排出しようと戦っているということなのです。

白血球が細菌を攻撃する際に活性酸素が使われますが、細菌だけを攻撃するわけではありません。

当然、その近くにある皮膚の細胞なども攻撃してダメージを与えてしまいます。

これがニキビが膿んだり赤くなったり、さらには痛みを感じたりするような状態なのです。

また活性酸素は白血球だけが産生するわけではありません。

紫外線や特に脂の多い食事、ホルモンバランスの乱れでも活性酸素が多くなってしまう可能性が指摘されています。

さらには水道水の塩素でさえも悪化の要因になる可能性を指摘する人もいます。

これらの炎症が起きて沈静化したとしても、その戦いの場となったニキビの部分の皮膚にはダメージは残ります。

自然治癒力で元通りになればよいですが皮膚の組織が強い障害を受けてしまえば大きなニキビ跡を作りもと通りに戻すことが非常に難しくなってしまうのです。

ですから、ニキビ跡を作らないようにするためにはこの活性酸素をうまくマネジメントすることも治療の大事なポイントの一つになります。

地方から上京してきた友達が東京の水道水を飲んでからニキビができたと言ってました。水道水がニキビに影響することってあるんでしょうか?

日本は水道から出てくる水をそのまま飲んでも安全な水質基準を満たしており、日常生活で使用する事に問題はありません。

しかし、日本全国すべての水が同じ状態というわけではありません。

それというのも地域ごとに水源となる場所は異なりますから、その水の味や含まれている菌は異なります。

水源から家庭に届くまでの距離も同様です。

特に塩素は蛇口を捻って、どのくらいの量が含まれているのかということについて、厳格な基準があるので遠くの水源から運んでくる場合には途中で失われることを想定して大量の塩素が投与されてしまうのです。

これが地方と都心の水道水の違いに繋がります。
とはいえ、地方から上京して、水道水を飲み始めてからニキビができたというのであれば、その可能性は小さいでしょう。

むしろ、水道水で洗顔をしているのであれば、それが原因である可能性が高いですというのも、安全性を確保するための塩素は、肌を保護するための皮脂を取り去ってしまう働きがあります。

つまり塩素が多い都心部の水道水を洗顔に使っていることで、ニキビができたというほうが自然なのです。

洗顔後の保湿を十分にしておくことで改善できるでしょう。

それから、飲料水の問題ではなく、地方から出てきたことで生じた環境の変化に、精神的なストレスを感じてしまうことで、肌トラブルが起きることがあります。

精神的な問題でしたら、しばらく時間を置いて環境に順応することで解決する事ができます。

背中ニキビを治すポイント:背中ニキビには保湿が大切

ニキビは全身の色々な部分にできます。

背中にもできやすい環境があります。

そして背中ニキビは繰り返し再発しやすいという特徴もある部分です。

背中は皮脂腺が多く汗をかきやすい部分です。

そして、手が届きにくいこともありそのケアを怠ってしまうこともある部分とも言えます。

また、常に服や布団などとの摩擦があり角質層が厚くなります。

角質層が厚くなることで毛穴を狭め皮脂などの老廃物が排出しづらい環境になりがちです。

そこにアクネ菌が繁殖してニキビになってしまうのです。

背中は顔などに比べてケアを怠りがちです。

それが汚れが残り、乾燥を引き起こす原因にもなるのです。

これを改善するには保湿が基本です。まずは、背中にある汚れをきちんと落とし、落とすときにはゴシゴシこすらず石鹸を良く泡立ててその泡で汚れを浮き上がらせ吸着するような方法で洗います。

そして、シャンプーなどの流し残しなどもないようにシャワーで良く流し汚れのない状態を作ります。

そのうえで保湿力の高いボディクリームなどで保湿成分をしっかりと浸透させます。

肌はターンオーバーを繰り返し新しい肌を作り上げていきますが、ストレスや生活習慣によってそれが乱れてしまうこともあります。

ですから、バランスの良い食生活、適度な運動、良質な睡眠を心がけ体内循環率をアップさせることも背中ニキビを改善することにつながります。

普段の習慣の中で、背中の肌をケアすることを取り入れてニキビを改善、予防していくことが大切なのです。

背中ニキビの原因:寝汗で背中ニキビができることも

ニキビになると、肌がきれいにみえずまた、それが悪化することでニキビ跡などが残ってしまうこともあります。

そのため、肌をきれいに保ちたい場合には、できるだけニキビを予防していくことや、できた場合には、悪化を防ぐことが重要です。

背中ニキビなどの場合には、できてしまうと回復に時間がかかってしまう傾向があるため、できるだけ背中ニキビの原因となるものを改善していくことも大切です。

背中は皮脂の分泌量が比較的多い傾向もあるため、毛穴が詰まりやすく、ニキビができる原因になります。

そのためできるだけ汗などかいた場合には、できるだけ早くふき取るなり、シャワーなどで洗い流し、肌を清潔な状態に保つことが重要です。

ですが、夜、寝る時に寝汗などにより背中が汗でぬれてしまうことがあります。

このような寝汗なども背中ニキビができやすい状態を作り出してしまうため、できるだけ、寝汗などをかかないように、室温などを調整したり、また、寝る時に着る服や寝具なども通気性のよいものを使用したり、服に関しても汗を適度に吸収するような素材などのものを着用したりと自分なりに対策をしていきましょう。

また、背中ニキビに限らず、ニキビを予防するためには、生活習慣を見直し、改善していくことも必要です。

規則正しく生活をすることで、自律神経、ホルモンバランスが乱れないように、日々、心がけていくことも肌の状態をよりよく保つには必要なことです。

また、適度な運動をすることで血流の改善をしていくことも、肌荒れ、ニキビ予防につながります。