背中ニキビを治すポイント:背中ニキビには保湿が大切

ニキビは全身の色々な部分にできます。

背中にもできやすい環境があります。

そして背中ニキビは繰り返し再発しやすいという特徴もある部分です。

背中は皮脂腺が多く汗をかきやすい部分です。

そして、手が届きにくいこともありそのケアを怠ってしまうこともある部分とも言えます。

また、常に服や布団などとの摩擦があり角質層が厚くなります。

角質層が厚くなることで毛穴を狭め皮脂などの老廃物が排出しづらい環境になりがちです。

そこにアクネ菌が繁殖してニキビになってしまうのです。

背中は顔などに比べてケアを怠りがちです。

それが汚れが残り、乾燥を引き起こす原因にもなるのです。

これを改善するには保湿が基本です。まずは、背中にある汚れをきちんと落とし、落とすときにはゴシゴシこすらず石鹸を良く泡立ててその泡で汚れを浮き上がらせ吸着するような方法で洗います。

そして、シャンプーなどの流し残しなどもないようにシャワーで良く流し汚れのない状態を作ります。

そのうえで保湿力の高いボディクリームなどで保湿成分をしっかりと浸透させます。

肌はターンオーバーを繰り返し新しい肌を作り上げていきますが、ストレスや生活習慣によってそれが乱れてしまうこともあります。

ですから、バランスの良い食生活、適度な運動、良質な睡眠を心がけ体内循環率をアップさせることも背中ニキビを改善することにつながります。

普段の習慣の中で、背中の肌をケアすることを取り入れてニキビを改善、予防していくことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です