肌荒れは食事で改善!肌荒れを引き起こす食べ物とは

脂質はダイエットの天敵にもなりえますが、同時に肌にうるおいを与える成分でもあります。

よって脂質を摂取しなさすぎることで肌荒れの原因となってしまうことがあります。

ただし、バランスはもちろん重要で、逆に取りすぎてもダイエットにはもちろん、肌荒れの原因にもなりえるのです。

血流の流れが悪くなる原因に血管が詰まり切りになって血液が流れなくなる現象がありますが、これには大きく脂質が関係しています。

現代人はジャンクフード等をはじめ、加工食品が増加した影響で最近は日本人でも脂質のとりすぎが指摘されています。

また、アイスクリームやケーキなどのスイーツなど、甘いものが好きな人も危険です。

あまり食べても太らない体質の方に多いのですが、少しぐらい体重が増えることに抵抗がないせいで、糖分を取りすぎてしまいがちなので注意が必要です。

脂質を取ることは血管を詰まらせることだけではありません。

脂肪分を取ることはすなわり腸にも悪影響を与えてしまい、活性酸素の増加、さらには血管ではなく血液そのものをドロドロにしていまいます。

活性酸素とは一般的には耳にしない単語ですが、これが増加することにより肌の老化が進行し、ハリのないダメージの受けやすい肌になってしまいます。

しかし同じスイーツでも昨今和スイーツと呼ばれる日本古来にある和菓子の場合、脂肪分が少なくおすすめです。

ただし、脂質が肌荒れの原因となるからといって気にしすぎる必要はありません。

健康にはバランスが何よりも大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です