痛風でむくみなどの症状が起きる原因?

痛風の代表的な症状として、足の指の関節痛があります。

名前の通り、風が吹いただけでも激痛を感じるという人がいるほど、つらい症状を伴いますが、激痛以外にもさまざまな現象がみられますから、初期段階で痛風に気づいて、適切な治療や対策をとることが大切です。

痛風は、痛みがでるまではなかなか変化に気づかず、自分では気づきにくい病気です。

健康診断の尿酸値を見れば、痛風予備軍ということには気づきますが、通常は1年に1回の健康診断でしか尿酸値を知ることはできません。

そのため、多くの場合、症状がでて初めて痛風と気づきます。

ただ、初期段階の痛風の前兆として、急性関節炎や発熱、むくみなどが現れることがありますから、初期段階の症状を知っておくことで、早期に治療を開始することが可能となります。

急性関節炎は、足の親指が急に激痛に見舞われることが多く、数日たつと痛みは嘘のように治まってしまいます。

ただ、痛みがなくなったからといって放置してしまうと、痛風の発作は再発してしまい、発作と発作の間隔も少しずつ短くなってしまいます。

また、発作が起きているときは、関節に炎症が起こっている状態ですから、発熱を伴うこともあります。

関節の痛みと発熱ということで、インフルエンザや風邪だと勘違いする人もいますが、少しでも疑いがあれば尿検査と血液検査も行った方がよいでしょう。

むくみは、アルコールの過剰摂取やもともと尿酸を排出しにくい体質の人が、排出機能が円滑に行えなくなり、体内に余分な水分が蓄積することで起こります。

水分不足も尿酸が結晶化してしまう原因となってしまいますから、水分補給も注意して行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です