地方から上京してきた友達が東京の水道水を飲んでからニキビができたと言ってました。水道水がニキビに影響することってあるんでしょうか?

日本は水道から出てくる水をそのまま飲んでも安全な水質基準を満たしており、日常生活で使用する事に問題はありません。

しかし、日本全国すべての水が同じ状態というわけではありません。

それというのも地域ごとに水源となる場所は異なりますから、その水の味や含まれている菌は異なります。

水源から家庭に届くまでの距離も同様です。

特に塩素は蛇口を捻って、どのくらいの量が含まれているのかということについて、厳格な基準があるので遠くの水源から運んでくる場合には途中で失われることを想定して大量の塩素が投与されてしまうのです。

これが地方と都心の水道水の違いに繋がります。
とはいえ、地方から上京して、水道水を飲み始めてからニキビができたというのであれば、その可能性は小さいでしょう。

むしろ、水道水で洗顔をしているのであれば、それが原因である可能性が高いですというのも、安全性を確保するための塩素は、肌を保護するための皮脂を取り去ってしまう働きがあります。

つまり塩素が多い都心部の水道水を洗顔に使っていることで、ニキビができたというほうが自然なのです。

洗顔後の保湿を十分にしておくことで改善できるでしょう。

それから、飲料水の問題ではなく、地方から出てきたことで生じた環境の変化に、精神的なストレスを感じてしまうことで、肌トラブルが起きることがあります。

精神的な問題でしたら、しばらく時間を置いて環境に順応することで解決する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です